求人広告を掲載するならタウンワーク

タウンワークは駅やコンビニ、飲食店や書店の専用ラックに設置されている、求人広告が掲載されているフリーペーパーです。毎週月曜日に発行されていて、希望の職種やエリアなどの条件によって紙面が配置されていて、お仕事を探している方にとって読みやすい構成になっています。また、企業が求人を載せたい場合は関東や首都圏といったエリアや広告のサイズによって料金が異なります。首都圏を例にとれば、A1フォーマット(38×45)で19000円~となっています。2版目以降は料金が半額になるプランもあります。掲載までの流れは1.電話やメールでの申し込み、2.エリア担当営業が募集案件の条件ヒアリング、3.ヒアリングに基づいて原稿内容を打ち合わせ、4.担当営業と制作が原稿案を作成して提案、5.原稿内容の擦りあわせをして内容確定後に掲載となります。

タウンワークに掲載するときの料金について

日ごろ、バイトや仕事を探すのによく利用されるのがタウンワークなどのバイト求人雑誌です。こういった媒体を使って求人を出しているお店や企業はどのくらいのお金を出して掲載をしているのでしょうか。主にタウンワークを例にまとめていきます。街で無料配布しているような求人雑誌に仕事を載せるときにポイントになるのが、どうやって興味を持ってもらうかです。例えば、カラー写真を使って社内の様子を載せたりするのも効果があります。写真を使うことによって、そこから雰囲気が伝わりやすくなりますし、何より魅力などがリアルに伝わることで、応募数も増えます。しかし、写真を使うにはそれなりにスペースが必要です。求人雑誌ではスペースをどのくらい使うかによって料金を定めており、広く使えば使うほど広告を載せるのにかかる値段は高くなります。大きいのが少ないというのも、金額が高いということを考えればうなずけます。

タウンワークに掲載してもらう

人手不足というのは、よく聞くことです。そのような場合、お店の前に貼り紙を貼ってみたり、お店のブログや、ホームページに求人募集と書き込みをする方法もあります。小さなところであれば、友人に誰か働きたい人がいないか聞いてもらうというケースもあります。わたしの職場でも、人手不足によって、いつもバタバタしていて、なかなかバイトが入ってこないという状況が続いていました。あるとき、タウンワークに掲載をすることが決定し、忙しい毎日のなか、求人募集を見たという電話が今迄ないくらいの、応募がありました。これには驚きました。タウンワークに載せていただいたことにより、こんなにたくさんの人が応募してくれるとは誰も思っておりませんでしたから、感謝しています。久しぶりに充実した人材の中で仕事も充実しています。タウンワークにお願いして、とても良かったと思っております。